和解か請求か、よく考えて

過払い金請求をするか和解をするか考える男性

過払い金の請求のためには、これまでいくら借り入れをして、いくら返済したのかを正確に把握する必要があります。そこで契約している金融機関宛に取引履歴を請求し、それをもとに過払い金を計算することになります。

 

……ところが。

 

金融機関の方で、取引履歴を送らずに、代わりに和解を提案する書面を送ってくることがあります。
これは「0円和解」と呼ばれるもので、文字通り、現時点で貸し借りを棒引き、つまり「0円」にして契約を終了にしましょうという和解案です。

 

一見するととてもありがたい申し出のように見えますが、
了解するのはちょっと待ってください。

 

 

近年、貸金業は軒並み、経営は苦しいのです。
不況の影響もありますし、過払い金の返還が義務付けられたのも経営を圧迫しているようです。(それ以前に暴利をむさぼったのですからわたしたちが考慮してやることはありませんが)ですから、債務者が一方的に得をするような和解案を出してくるはずがないのですよ。

 

多額の過払い金を払うよりも、貸付金をあきらめた方が損失が少ないと、業者が見込んでいる可能性があります。そのため0円和解をすぐに受け入れてしまうのは得策ではありません。
和解してしまうと、そのあとで実は多額の過払い金が発生していたことがわかっても、請求することはほぼ不可能です。

 

和解案を受け入れるかどうかの返答はいったん保留にして、とにかくあらためて、金融機関に取引履歴を送付してくれるように請求しましょう。
取引履歴をもとに過払い金の額を計算します。

 

かなり高額の過払い金が発生していた場合は、これは問答無用で和解案は却下! 法律事務所に行って過払い金請求の手続きを依頼しましょう。

 

でも、過払い金はあるけれどそれほどの額ではない場合は、0円和解を受け入れてもよいかもしれません。過払い金の請求には時間と手間がかかって大変なのも確かですし、専門家に依頼すると手数料も必要です。手数料を支払うと過払い金がなくなるような場合は、これはわざわざ請求する意味はないかもしれません。

 

和解か請求かは、単純な損得で決定してもよいでしょう。