なぜ、借りられない!?

あちこちの金融機関や消費者金融に契約申し込みをして、なぜか全部断られてしまう。収入や雇用形態にはそれほど問題がないはずなのに……?

 

こんな場合は、いわゆる「申し込みブラック」状態になっている可能性があります。申し込みブラックとは、短期間のうちに何社にも契約申し込みをした場合、業者の方でその人を「要注意人物」としてリストアップし、申し込みをはじいてしまうシステムのことです。

 

借りる側からすると理不尽な話ですが、貸す側にしてみれば、「あちこちの貸金業者をまわっている」→「それだけ経済的に追いつめられている」→「返済滞納、または借りたあとで雲隠れ」という推測も成り立つわけで、融資に慎重になるのはしかたがない面もあるのです。

 

しかしそもそも、契約申し込みをしたという情報が、どうして他の業者にも知られているのかというと、これは信用情報機関に問い合わせるためです。信用情報機関というのは、文字通り「信用情報」を保存・提供をしている機関で、契約申し込みから、融資額、返済の履歴、滞納まで、キャッシングに関係した個人情報がここに一定期間ストックされます。そして必要があれば、業者はそうした情報を閲覧することができるのです。

 

金銭的に余裕がなくて融資をあせっていると、ついあちこちに契約を打診したくなるのは人の心理ですが、だいたい3社以上になると、あとは申し込んでもほとんど自動的に落とされてしまうと考えていいでしょう。

 

申し込みの情報がどのくらいの期間ストックされるのかは明確でなく、1ヵ月という説もあれば、6ヵ月は待った方がよいという説もあります。

 

でも、半年も待っていられない場合もありますよね。その場合は、街金と呼ばれる、中小規模の貸金業者にあたってみる方法もあります。街金は融資のハードルが低く、審査基準も大手と少し違いますから、融資を受けられる可能性があります。

 

また、申し込みブラックの予防策としては、業者のホームページなどで融資の無料シュミレーションができますから、そうしたツールで業者を選別して、確率の高いところに申し込みをしてみましょう。

 

申し込んだ業者すべてに断られるとかなり驚くと思いますが、落ち着いて、この「申し込みブラック」の可能性がないか、振り返ってみてください。くれぐれも、普通の業者からは融資してもらえないんだ、と早まって闇金などに行かないようにしてくださいね。

 

家族の借金についてはこちら。