カードローンの契約…4つの方法のメリット・デメリット

カードローンの契約は、
①電話、②郵送、③無人契約機、④インターネット、主にこの4つの方法があります。
選択の自由があるのはありがたいのですが、迷ってしまうのも確かです。

 

融資が速いのは? 煩雑さが少ないのは? メリット・デメリットをまとめてみました。

 

カードローンの契約・4つの方法のメリット・デメリットを説明する女性

①電話 金融機関のホームページやチラシに掲載された番号に電話をします。オペレーターの質問に沿って、勤務先や融資希望額などを答えます。いったん電話を切って審査を待ち、審査に通れば契約になります。

契約書を郵送してもらう方法と、近くの店舗や無人契約機で契約する方法が選べます。

メリット 融資までの時間は短め。不明な点をその場でオペレーターに質問できる。
デメリット 聞き違いのリスクあり。漢字を正確に伝えるのが大変な場合も。
②郵送 申し込み書類は店舗でもらえますが、近くにない場合は送ってもらう必要があります。申込書と身分証明書など必要書類のコピーを同封して郵送します。審査中には業者から確認の電話が入ります。

審査に通ると契約は業者側で済まされるので、契約書のコピーとカードが郵送で届きます。

メリット 落ち着いて記入できる。業者と直接話す時間は短めなので、話が苦手な人向け。
デメリット 融資まで一番時間がかかる。
③無人契約機 ブース内に用意された申込用紙に記入し、無人契約機のタッチパネルを操作して申し込みを行います。情報確認などは契約機に付属した電話で、オペレーターと行います。

その場で審査が行われ、審査に通るとカードが発行されます。

メリット カード発行までの時間は最速。
デメリット 操作に慣れないと、タッチパネルや書類のスキャンなどでまごつく可能性も。
④インターネット 金融機関のホームページにはほとんどの場合、申し込みのフォームが用意されていますので、指示に従って情報を記入します。電話による情報確認があったのち、審査に通ると電話で連絡がきます。

本人確認書類を提出してカードを受け取ると契約完了です。書類の提出は郵送でもよいですし、急ぐ方はFAXやスキャンでの提出も可能です。カードは郵送または近くの店舗で受け取ります。

メリット 落ち着いて記入ができる。パソコンやスキャナーが使えるとかなり速く手続きができる。
デメリット インターネット環境がないと利用できない。

 

いかがでしたか?速さを取る場合、ストレスの少なさを取る場合、何を重視するかを考慮して選択してみてください。